強制保険(自賠責保険)は自動車税とは異なり

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険、略すと自賠責保険と言う保険になります。

このような自賠責は強制保険とも言われていて愛車を定期車検に出す場合は、決まっている車検期間に有効な自賠責保険に入っている必要があります。

つまり、すべての自動車が加入する必要がある保険なのです。

それではその車に自賠責保険が付いた状態で売った時にはどうか考えてみましょう。

強制保険(自賠責保険)は車検の際に更新になることが比較的存在しますが仮に自動車損害賠償責任保険が付いたままの自動車を手放した場合は、保険料が返金されることはなかなかないのが普通です。

というのも、自賠責保険の加入を抹消して、次の所有者に移行する作業は結構面倒なのです。

ですので自賠責保険というものは名義を変えて車とともに移すというのが一般的です。

それと同等の金額を買取金額に上乗せしてくれるのです。

強制保険(自賠責保険)は自動車税とは異なり、既に納めた保険額を1ヶ月単位で割り算した額が戻ってくるわけではなく査定に乗せる手段が使われるケースが通常ではありますが、これが見積シートに掲載されるようなことはほぼありません。

ですので、売却のときは自動車損害賠償責任保険の分の額が買取額に含まれているかをチェックしてください。

自分が納めた金額がどれだけかということを頭に入れておけば、間違いはないはずです。

その自賠責保険の額については契約期間で違うので注意しましょう。

自動車の買取の際には自賠責保険の名義を変更しましょう。

もし名義変更をしないままにしていたら保険会社からあなた宛てに自賠責の満了お知らせが来てしまいます。

マイカーがより正確に判断されお得に売却できることを応援してます。

コンテンツメニュー

    Link